top of page

【重要】入室時における検査対応と同意書について

病児保育室わかばの入室時における検査対応を、下記の通りに変更いたします。


〈新型コロナウイルス抗原検査について〉

 利用初日に、お子様の発熱の原因がはっきりしていない場合には、入室時に新型コロナウイルス抗原検査を行います。結果が陰性の場合のみお預かりさせていただきます。


周囲に新型コロナウイルス感染症の陽性者がいる場合や濃厚接触及び疑いのある方は、ご利用いただけないことをご了承ください。

同居家族に、1週間以内に37.5℃以上の発熱あるいは咳・息切れ・味覚異常・嗅覚異常がある場合と通園施設の職員に体調不良者がいる場合は、PCR検査の陰性を確認後のお預かりとなります。


 予約受付時と利用初日に上記の内容を確認させていただいております。添付ファイル「病児保育室わかば受け入れに関する同意書」(1枚で2回分)をダウンロードし、記入して利用初日にお持ちください。印刷できない場合は、わかばでご記入いただくこともできます。また、利用期間中の発症や新たに判明した場合もお知らせください。

病児保育室わかば受け入れに関する同意書
.pdf
Download PDF • 268KB

〈RSウイルス抗原検査について〉

 RSウイルス感染症の流行が継続しているため、2歳未満のお子様でRSウイルス感染症にかかったことがない場合は、RSウイルス抗原検査が必須です。未検査の場合、入室時に当施設で行います。陽性の場合もお預かりできますが、他のお子様とは離して保育する必要があるため、検査のご協力をお願いいたします。


 ご不便、ご面倒をおかけすることと存じますが、皆様に安心してご利用いただくためにご理解のほど、よろしくお願いいたします。

最新記事

すべて表示

新型コロナウイルス感染症の受け入れについて

横浜市の通達により令和5年10月以降につきましても引き続き横浜市の病児保育室では 新型コロナウイルス感染症の陽性の方の受け入れはできない取り扱いを継続します。 また入室時の検査につきましても医師の判断により行うことがございます。 変更があり次第お知らせいたします。 ご不明な点等がございましたら職員までお尋ねください。

4号用紙の取り扱いについて再度のお知らせです

これまでの4号様紙記入から7日間有効期限は変わりありませんが、『病名の変更』や 『記入された病名の疾患が回復し再び利用』『途中園や学校に通園し再び利用』される場合 期限内であっても4号様紙の新たな発行をしていただく必要があります。 令和5年4月より、ときえだ小児科クリニックにおける月2回目以降の第4号様式作成料 (就学前500円、小学校入学後750円)は、子育て世帯の負担軽減のため免除(無料) と

「病児保育室わかば受け入れに関する同意書」について

ご利用初日にお持ちいただいていた「病児保育室わかば受け入れに関する同意書」は、5月8日より不要となりました。ご協力いただきましてありがとうございました。 その他必要書類につきましては、ご利用案内ページの「当日持って来ていただくもの」をご確認ください。 ご不明点がございましたら、職員までお尋ねください。

bottom of page